スタスレビュー2012
浅草Revue Hall No.2ぴかぴか(新しい)
ご予約受付中ですぴかぴか(新しい)
20120613124445[2].jpg


シャンパーニュコンサート
魅惑の夜にぴかぴか(新しい)
ご予約受付中ですぴかぴか(新しい)
魅惑の夜ポストカードWEB.jpg


『シャンソン歌手』『レビューの男役』『ミュージカル女優』
3つの異なるジャンルで活動している清水梨央です。

主な出演作品は「STASレビューファンタジー」「クリスタル・オム ライブ」
「アニーよ銃をとれ」「オズの魔法使い」「ザ・近松」「メトロに乗って」
「北島三郎特別公演」など。

都内シャンソニエでも定期的に歌っています。

TOP.jpg
20周年記念CD『UN MONOLOGUE』好評発売中!
5曲入り 1,000円 お問い合わせはrio_shimizu526@yahoo.co.jp まで!


DVDパッケージ.jpg
清水梨央プロデュース『Heroines』DVD新発売!
企画・構成・演出・振付・出演しました!
送料込み 3,000円 ご注文はrio_shimizu526@yahoo.co.jp まで!



かわいいライブ・ステージ出演情報かわいい








カラオケ7月13日〜15日(金〜日)
スタスレビュー2012 浅草Revue Hall No.2
会場:浅草スタスホール
開演時間:13日15時・17時・19時
14日13時・15時・17時・19時
15日13時・15時・17時
チケット:4,000円(税込・1ドリンク付)
スタスホールでの2回目のレビューにゲストとして出演しますぴかぴか(新しい)
詳細はチラシをごらんください
私は13日19時、14日15時、15日13時に出演します!
カラオケ7月28日(土)『新宿・シャンパーニュ』
カリスマシンガー瀬間千恵さんとご一緒します!
カラオケ7月31日(火)『銀座・鳩ぽっぽ』
出演:淑恵さん・井上京子さん/レギュラーメンバー
カラオケ8月11日(土)『新宿・シャンパーニュ』
魅惑の夜に〜ミュージカルからシャンソンの世界へ〜
出演:清水梨央/麻木ありあ
梨央プロデュース!シャンパーニュコンサートぴかぴか(新しい)
ジャンルを問わず、名曲をソロでデュエットでお届けしますカラオケ
チケット:6,000円(税込・フリードリンク)
ご予約受付中です!
※料金・ステージタイム等の詳細は各店舗のリンクでご覧くださいサーチ(調べる)
 公演チケットのお申し込みはメールにてご連絡くださいmail to
soon rio_shimizu526@yahoo.co.jp


2011年08月23日

ハウス!

バッグに入れば
楽しいお出かけ
 
そう刷り込まれてるひめたんは
どんなバッグにも飛び込みます
 
 
そのバッグは小さいよ
ムリだよムリだよ〜
 
 
ああ、今すぐこの子を
Tシャツにしたいいいい〜
 
 

東京駅でも

東京駅到着〜
 
まっすぐ帰ると思いきや…
 
駅ナカの『KIHACHI』で締めくくり
 
 
今日の出来事を振り返りつつ…ティータイム
 
 
 
さらに駅ナカの店で
この子に釘付けに
 
その場でゲット
 
 
夏の日帰り旅
満喫しました〜
 
 

大阪に来たら…

大阪レポート続きます
 
大阪に来たら絶対『蓬莱』
 
 
 
すごい行列〜
 
 
 
 
 
並んで無事にゲット
 
時間はジャスト
後は新幹線に乗って帰るだけ
 
 

2011年08月22日

やはり

 
 
まずはウーロン茶で乾杯
 
 
 
前に別のお店で食べたそうだったけど
 
時も大阪はお好み焼きを
あらかじめ焼いてから
持って来てくれるのが
普通なのかな?
 
 
プロの焼き加減は絶妙
美味し〜い
 
 
やはり土地のものは
その土地で食べるのが最高
 
雰囲気も味のうちですね
 

食い道楽!?

夢組のステージを堪能して大満足
 
でも、せっかく大阪に来たなら
大阪らしいものを食べた〜い
 
 
 
帰りの新幹線まで
あまり時間のない中
 
カンピューターを働かせて
見つけたお店
 
 
 
お好み焼き〜
しばし並んでから御入店
 
美味しい気配が充満する店内に期待度アップ

お疲れさま!

お芝居はラストにどんでん返しがあり
とても練られたストーリーでした
 
熱くて華麗なドラマに仕上がっていました
 
男役はカッコよく
女役は美しく
娘役は可憐に
 
そして全員が体当たりの熱演
 
ショーもキレの良いダンスが炸裂
 
夢組は本当パワフルで
スカッとするステージを
観せてくれます
 
 
終演後、まいかちゃんと
 
 
まいかちゃんもすごい熱演でした
 
踊りも魂入ってた
 
本当にお疲れさまでした

2011年08月21日

夢組!

会場のよみうり文化センターでーす
 
 
 
今回は韓流のお芝居なんですって
 
 
会場は超満員
楽しみ〜
 
席に着くとなんと『紫苑ゆう』さんの
真後ろでした
 
 
これもなんだか貴重な体験〜
 

大阪〜

大阪です
 
 
 
スタスで長らくご一緒し
ヒロインズにも出てくれた
『まいか美帆』ちゃん出演舞台
 
 
はやみ甲ダンスカンパニー
『夢組』のステージを観るため
 
これから千里中央に向かいます
 
 
 
御堂筋線に乗り換えて
レッツGO−
 

2011年08月18日

私的読書感想文

書きたい放題の読書感想文が
おかげさまで好評です
 
 
自分が面白いと思った本を気まぐれかつ、かなりアバウトに
ご紹介しているだけなのですが
 
思いがけず
 
『楽しみに読んでます』
『あれ、またよろしくね』
 
なんてメールまでいただいたので
 
調子に乗ってまた書きます
 
 
最近立て続けに読んでいるのが
 
『貫井徳郎さん』の小説
 
ぐるぐる回し読みチームから
大量に廻って来ました
 
 
先に大好きな『東野圭吾』を読みまくっていて
 
合間には自分でも大量に買い込んだりしていたので
 
未読の貫井さんには
なかなかたどり着かず
後回しになっていたのですが…
 
 
 
イヤーっ
 
コレが面白い〜っ
 
 
『天使の屍』
『慟哭』
『失踪症候群』
『誘拐症候群』
『転生』
 
と読み進み、今は
『鬼流殺生祭』を読書中
 
 
この方のデビュー作は『慟哭』なのですが
 
デビュー作の時点での
完成度の高さ
筆力の高さに
 
驚愕しました
 
 
文章に隙がない
人物像の掘り下げが深い物語にリアリティがある
全体的に品があり
やや古風にも感じられる作風…
 
解説を読んだら、なんと
 
貫井徳郎さんご自身が東野圭吾さんの大ファンだとか
 
 
なーーーーるほどーーー
 
と、激しく納得
 
 
東野圭吾ファンなら
絶対に好きな作風だと思います
 
 
 
手元にはあと
『追憶のかけら』
『夜想』
の二冊を残すのみ
 
 
この二冊はタイトルが好きで
最後にとっておきました
 
ワクワクし、味わいながら
大切に読みたいと思います
 
 
 
ちなみに
最近読んだ
『東野圭吾』作品は…
 
『白夜行』
『幻夜』
『流星の絆』
『白銀ジャック』
『分身』
『あの頃の誰か』
『ダイイング・アイ』
『むかし僕が死んだ家』
 
あとすでにご紹介した
『夜明けの街で』
 
 
いつの間にこんなに
 
 
でもまだまだ読みたい
 
 
面白い小説、常に募集中です
(出来れば持ち歩ける文庫で…)
 
 

ブックカフェ

遡り更新の合間に
リアルタイム更新
 
 
最近流行り?のブックカフェ
 
本屋さんと併設されていて
ゆっくり読書できます
 
 
灯台下暗し
吉祥寺にもありました
 
 
 
ゆったりと落ち着いた
Tully'sです
 
 
 
ベーグルサンドと
ジンジャーミルクティをお供に
 
しばし読書を楽しみます
 
 

2011年08月17日

夏の味覚

はいっ20110204091352.gif

またまた嬉しい夏の味覚が届きました〜DIMG0052.gif

F1002695.JPG
メロンメロンメロン〜emojiD_02_013.gif

F1002697.JPG
大好きなトウモロコシ02B0320.gif

早速ゆでていただきましたが
もう〜ヤバイくらいに美味しかったです197609.gifGBE1WR64.gif

美味しいものはしあわせをくれますね〜emojiF_02_001.gif


ごちそうさまですぴかぴか(新しい)

2011年08月16日

遡って

日記、遡ってますが
無理やりアップ続きます
 
 
ランチの後は
コーヒーブレイク
 
新橋の宮越屋珈琲
 
 
 
 
 
 
 
これからみんなで
サヴァビアンショーを観ます
 
 

2011年08月14日

素敵ランチ

素敵ランチをしようと
汐留に来ましたが…
 
 
目当てのお店が貸切で叶わず
 
 
 
代わりに食べた
比内鳥の塩丼も
かなーり美味しかったけど
 
すごーく素敵なお店だったので
必ずリベンジするぞ〜
 

江梨香ちゃんライブ!

ちょっと遡っての
出来事たちですが
アップします
 
 
ポップスを中心に歌って
幅広く活動している
シンガーの江梨香ちゃん
 
共通の知り合いが
すごくたくさんいて
前々から名前はよく聞いていたのですが
 
最近よくお目にかかる機会があり
お誘いを受けて
ライブに行ってきました
 
 
赤坂にある
ノーベンバーイレブンス
 
 
超満員のお客様
 
青い扇を使った動きは
まいかちゃんが振付したんだとか
 
本当に色んなところで
つながっているんですね〜
 
 
懐かしいJポップや
アニメソング
オリジナルソング
 
色んなジャンルを次々歌って
会場は大盛り上がり
 
 
最後はなんとお客様総立ち
 
 
『シャンソンには絶対にない
盛り上がりだぁ〜』と
圧倒されちゃいましたよ
 
『水色の雨』や
『魂のルフラン』は
大好きな曲で私もノリノリに
 
江梨香ちゃんもイキイキとしていて
楽しいライブでした
 
 
あ、ちなみに
ライブハウスだけど
お食事も、超〜美味しかったですよ〜
 
 

2011年08月11日

腰が…!

このところ忙しく
ごぶさたしております
 
 
今日、突然腰の調子が
おかしくなり
 
このまま放置したら
歩けなくなりそうだったので
 
急遽、渋谷に治療に来ました
 
 
 
これから治していただきますっ
 
 

2011年08月04日

晴れた!

暑いのはイヤだけど
久しぶりの青空は
 
やっぱり気持ちいいですね
 
 
 
いい夏の空です
 

2011年08月03日

思いがけない贈り物が届きました
 
桃〜っ
 
 
とっても立派
ピカピカです
 
 
 
わーい
 
早速いただきました
 
 
 
瑞々しくて
すごーく美味しかったです
 
とっても贅沢
しあわせ
 
 

2011年08月01日

夏にピッタリ!?

夏にピッタリな
怖〜いお話
 
 
東野圭吾
『夜明けの街で』
 
 
小説自体はすごく面白い
 
でも苦しい
苦し過ぎる〜
 
 
不倫の話です
ゾーッとします
 
背筋が凍ります
 
ミステリー部分より
人間の心理描写が
リアルで怖かった
 
 
お化けより幽霊より
何より怖いのは人間
 
ミステリー部分より
人間ドラマ部分が
すごかったです
 
ただ、結末はちょっとキレイ過ぎかな
 
 
 
誉田哲也
『アクセス』
 
この方の小説は初めて読みましたが
読ませる力がスゴい
 
 
内容は
イヤーな気分になる
イヤーな出来事が続いて起こり
イヤーな気分になるのですが
 
でも
読み出したら止まらない
 
これはスゴいな〜と
 
 
ただ
悪い人間ばかりと言うわけでもないのに
登場人物がひとりも好きになれなかった
 
どうも感情移入が出来ない〜
 
 
だからと言って
人物の心理描写が下手なわけではなく
『こんな人、いそうだな〜』と思うし
よく描けているのですが
 
好きになれなかったですね
 
こちらはホラーの要素が強いです
かなり気味悪い
 
でもハラハラドキドキを
楽しめる一冊です
 
 
小説の中の登場人物を
好きになれるか
感情移入出来るかは
 
私にとって非常に重要です
 
今気づきましたが
 
お芝居や映画を観る時も
私はそこを最重要視しているかもしれない
 
 
だから自分が歌ったり
ステージを創るときに
 
観たり聴いたりした人が
共感したり感情移入出来るような
一体感を何より求めてているのかも
 
なんてイキナリ自己分析に入りましたが…
 
 
東野圭吾や宮部みゆきの小説を読むと
 
かなりの高確率で主人公に共感し
好きになり、感情移入して
読みながら心を揺さぶられます
 
 
きっと、私と同じように感じる人が多いから
 
ベストセラーを連発出来るのでしょうね
 
お話のプロットや
トリックがどんなに優れていても
 
感情移入出来ない小説も
たくさんたくさんあります
 
だからすごく面白かったけど
私は『誉田哲也さん』の小説を
立て続けに読みたいとは
思いませんでした
(もちろん、今は作風が変わっている可能性も大ですが)
 
 
あぁ〜スゴい才能だなぁ〜
 
人を感動させるその力に
めちゃくちゃ憧れます
 
と、話はだいぶ逸れましたが
おしまい

2011年07月23日

久しぶりに

久しぶりに気持ちのいい空
 
 
 
しかも、空気が澄んでいてさわやか
 
涼しい風が吹いてます
 
 
今からスタスのリハーサル
 
行ってきまーす
 

2011年07月20日

読書感想文

サスペンスやミステリー
純文学も伝記も大好きですが
 
 
深刻な人間ドラマを
読み続けていると
 
若干気が滅入って来ます
 
 
そんな時『気軽に読めるよ』と
勧めていただいたのが
 
『真夜中のパン屋さん』
『謎解きはディナーのあとで』
 
 
 
上の二冊はとっても漫画チックな設定で
本当に気軽に読めました
 
『真夜中のパン屋さん』は人物像の掘り下げ方が
表面的な感じがで
やや物足りなさを感じましたが
 
それでもたくさんのエピソードがあり
楽しくどんどん読めました
 
優しさの塊のような『クレさん(暮林)』が
実はかなりしんどい思いを
抱えながら生きているんだと分かったくだりは
 
心にズシンと来ました
 
 
登場人物みんなが
ちょっとずつ道が開けたり
光が見えたりしていくので
爽やかに読み終われますよ
 
 
『謎解きはディナーのあとで』は
ずーっと読みたかったけど
文庫になるまで待つ予定でしたが
早く読めてラッキー
 
 
スッゴく軽いですが
文句なく面白い
 
人物設定がベタベタにベタですが
 
それでも会話がおかしくて
ハマりすぎてて
 
何度も大笑いしてしまいました
 
さすが本屋大賞
 
 
あ〜影山イイ〜
 
感動はしないけど
楽しいのでオススメ
 
 
『停電の夜に』
スゴくいい、と書評で読んで以来
これもずーっと読みたかった一冊
 
デビューしてすぐ
アメリカの有名な文学賞を受賞した
話題の作品です
 
 
作者はインド系のアメリカ人なので
変わった名前やインド的な情景がよく出てきます
↑かなりいい加減な情報でスミマセン
 
 
話は思っていたより
かなりヘビーで
 
読んでいて切なくて
苦しくなりました
 
 
何にも悪くないのに
ちょっとした、でも結構大きな不幸を
しょっている人々
 
でもそれが当たり前過ぎて
悲しむことも出来ないような
 
時代や生まれた場所で
運命が決まってしまうような
 
逆らえない息苦しさ切なさ
 
何だかそんな印象が残っちゃった
 
 
短編集なのですが
読後感は重いです
 
ただ、最後の方は
ちょっとホッと出来る話もありました
 
 
切なくて、今はもう
読み返したくないですが
 
間違いなく
上質な小説です
 
よろしかったら
 
 
まーこんなん書いてますが
読むヒトによって
感想全然違うんだろうな
 
今、鳩からの帰り道です
 
帰ったら姫たんがいないのが
たまらなく悲しい私です
 
 
また読書の時
そばに転がってて欲しいよぅ〜
 
ひめたーん
 
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。