スタスレビュー2012
浅草Revue Hall No.2ぴかぴか(新しい)
ご予約受付中ですぴかぴか(新しい)
20120613124445[2].jpg


シャンパーニュコンサート
魅惑の夜にぴかぴか(新しい)
ご予約受付中ですぴかぴか(新しい)
魅惑の夜ポストカードWEB.jpg


『シャンソン歌手』『レビューの男役』『ミュージカル女優』
3つの異なるジャンルで活動している清水梨央です。

主な出演作品は「STASレビューファンタジー」「クリスタル・オム ライブ」
「アニーよ銃をとれ」「オズの魔法使い」「ザ・近松」「メトロに乗って」
「北島三郎特別公演」など。

都内シャンソニエでも定期的に歌っています。

TOP.jpg
20周年記念CD『UN MONOLOGUE』好評発売中!
5曲入り 1,000円 お問い合わせはrio_shimizu526@yahoo.co.jp まで!


DVDパッケージ.jpg
清水梨央プロデュース『Heroines』DVD新発売!
企画・構成・演出・振付・出演しました!
送料込み 3,000円 ご注文はrio_shimizu526@yahoo.co.jp まで!



かわいいライブ・ステージ出演情報かわいい








カラオケ7月13日〜15日(金〜日)
スタスレビュー2012 浅草Revue Hall No.2
会場:浅草スタスホール
開演時間:13日15時・17時・19時
14日13時・15時・17時・19時
15日13時・15時・17時
チケット:4,000円(税込・1ドリンク付)
スタスホールでの2回目のレビューにゲストとして出演しますぴかぴか(新しい)
詳細はチラシをごらんください
私は13日19時、14日15時、15日13時に出演します!
カラオケ7月28日(土)『新宿・シャンパーニュ』
カリスマシンガー瀬間千恵さんとご一緒します!
カラオケ7月31日(火)『銀座・鳩ぽっぽ』
出演:淑恵さん・井上京子さん/レギュラーメンバー
カラオケ8月11日(土)『新宿・シャンパーニュ』
魅惑の夜に〜ミュージカルからシャンソンの世界へ〜
出演:清水梨央/麻木ありあ
梨央プロデュース!シャンパーニュコンサートぴかぴか(新しい)
ジャンルを問わず、名曲をソロでデュエットでお届けしますカラオケ
チケット:6,000円(税込・フリードリンク)
ご予約受付中です!
※料金・ステージタイム等の詳細は各店舗のリンクでご覧くださいサーチ(調べる)
 公演チケットのお申し込みはメールにてご連絡くださいmail to
soon rio_shimizu526@yahoo.co.jp


2011年09月21日

雨ですね〜

おはようございます
 
雨ですね〜
台風ですね〜
 
今まで東京はなんだかんだで
本格的な台風上陸を
免れてきましたが
 
今回は直撃かな
 
 
大雨や風にも
もちろん要注意ですが
 
どこもかしこも濡れているので
滑って転んだりしないようお気をつけください
 
 
 
写真は昨夜の鳩ぽっぽ
 
 
 
開店前のショット
 
 
 

2011年09月19日

リハーサル前の

もうすぐスタスの
リハーサルがスタートします
 
今日はリハーサルのための
自主稽古がありました
 
リハーサル前には
予習が欠かせません
 
再演ものの場合は
あらかじめ振りをしっかりと
思い出してからリハーサルに臨みます
 
 
 
 
お稽古ではみんなで力を合わせて課題をクリア
 
ちょっぴり安心顔の私です
 
 
 

2011年09月17日

お気に入り

ひめたん6歳
追いかけっこと
引っ張りっこが大好き
 
 
 
ひめたんお気に入りの
オレンジのおもちゃが
ボロボロになったので
 
 
似たようなものを探して
新しいのを買いました
 
 
だけど最初のうちは
ちょっとくわえても
すぐに離してしまい
 
古い方でしか
遊んでくれませんでした
 
 
だけどなんと最近は
こっちの新しいのじゃないと
 
遊んでくれなくなりました(笑)
 
 
 
はー
かわいい
 
 
ひめたんと触れ合う時間は
しあわせの時間です
 
 

2011年09月15日

あの人は…?

ジェルネイルをチェンジしました
 
 
ピーコックに挫けて、結局グラデーション
 
しかも夏っぽすぎた…
 
 
 
さて、話は変わって…
 
先日、初めて訪れたあるお店で
私のことがちょっと話題になったらしい
 
 
『あの人は何をしている人?』と
 
 
お店のスタッフさんたちの予想は
 
『普通の人(主婦やOLのことかな?)ではない』
『美容師さん』
『ショップのオーナーさん』
 
などだったそうで
 
『私って初対面の人にはそんな風に見えるんだ〜』
 
ってビックリしました
 
 
なかなかオシャレっぽいような
素敵なイメージではないですか
 
 
表参道の目利きなお嬢さま方に
そんな風に思っていただけるなんて
 
お世辞半分としても
光栄ですわ〜
 
 
ヤッタネ
 
 

2011年09月14日

ハシゴ♪

久しぶり〜に会った
妖精コボリーヌとカフェのハシゴ
 
 
野菜がいっぱいでヘルシー
スゴいボリューム
 
 
でもデザートは別腹
カフェを移動して
 
ふたりがかりで何とか食べきった
ポテトチップスのバニラアイス添え
 
甘しょっぱ〜
 
 
 
楽しい女子会でした
 
 
あれ…ずうずうしかった
 

2011年09月12日

最近読んだ本

最近読んだ本
 
 
女性作家ばっかりですね〜
 
 
江國香織さんの
『号泣する準備はできていた』は
直木賞受賞作
 
小説としては面白いと思いますが
 
やはり…
どうしても…
江國さんの描く女性像が
好きになれない
 
なんだかやけに
ボンヤリしていて
受け身で
 
女らしいのかもしれないけど
ハッキリしなくて
気持ち悪さが残るんです
 
良い、悪いではなく
きっと感性や価値観が違いすぎて
理解が出来ないのでしょう
 
 
多分クラスメートだったら
仲良くなれないタイプ(笑)
 
でも彼女もすごい人気作家なので
理解出来ない私も
どうかと思うのですが
 
 
林真理子さん
『みんなの秘密』
 
これは吉川英治文学賞を
受賞しています
 
 
林真理子さんの本は
とっても読みやすい
 
物語を構成する力や
文章力がすごいんだと思います
 
林真理子さんの文学世界は
格調高そうでありながら
常にどこか下世話で
目線が意地悪い
 
もしかしたら
基本的に生悪説の人なのかな〜と感じます
 
 
そしてヒロインはいつも
面白いくらいにとってもナルシスト
 
『こういう女、ヤだなぁ〜』と毎回思うし
ほとんど共感は出来ないのですが
 
『こういう考え方するかー』
『こう来ましたかー』
 
と、私の知らない世界や人種を
覗き見るような気持ち
野次馬根性で楽しく読めます
 
 
湊かなえさんの『告白』
 
ずーっと読みたくて読みたくて
やっと読めました
 
話題になった本屋大賞受賞作
 
 
感想は、と言うと…
 
殺伐、としてます
 
今の世の中、こんななんでしょうか
 
 
最近
話題作や人気の作家を読んだときに
あまりに世界観が殺伐としていて
驚くことがあります
 
 
学校での果てしないいじめ
家庭内暴力や虐待
 
犯罪者は良心を持たず
 
登場人物は当たり前のように心を病んでいて
 
小説の中は閉塞感に満ち溢れ
誰も夢や希望を感じてない
 
 
たとえば
今の若いコたちや子どもたちは
 
こんな世界を作り物、物語として捉えるのではなく
リアリティを感じて共感するのでしょうか?
 
 
物語の主役が
 
イジメを受けていたり
ホストだったり
援助交際していたり
 
そんなことが当たり前の世界が
今の若者たちのリアルワールド?
 
この世界観をリアルに感じられないのは
私がトシを取ったから?
 
そうだとしたら
今の時代の子供たちは
本当にかわいそう
 
 
なんて、考えすぎでしょうかね
 
 
また長くなっちゃった
 
 
あ、奥田英朗さんの『ガール』は
登場人物の女性がすべて
男性作家が描いたとは思えない
リアルっぷり
 
現代の三十路OLたちの
生態と心理とファッションを鮮やかに描ききり
その観察眼に脱帽
 
アッパレな小説ですよ
 
 

女流作家

私はどちらかと言うと
女流作家が好きみたいです
 
ランダムに本を買うと
自然と女流作家に偏ります
 
 
多分
 
男性作家が書いた作品は
登場する女性が男目線で
描かれているな〜と感じることが多くあり
 
物語にリアリティを感じられなかったり
ヒロインが好きになれなかったりするので
手が伸びないのかも知れません
 
 
超有名な某男性大御所作家の
ある作品を読んだとき
 
そのヒロインの描写に対して
 
『そんな女いねーよ
 
と、激しいツッコミが
心の中で炸裂してしまいました
 
 
意志を感じさせない
なんだか人形のような
美しいばっかりの
フェロモン系ヒロイン像
 
 
私はまるでダメでしたが
 
めちゃくちゃ共感したり
ウットリ読む人が(主に男性?)
たくさんいるから
ベストセラー作家なんだよな〜と思うと
 
不思議な気持ちになります
 
 
その点、東野圭吾は素晴らしい
 
登場人物が性別年齢を問わず
すごく自然に描けている
 
 
観察力があるから?
感性が鋭いから?
 
どんな登場人物も
リアリティを持って
描けるなんて
 
本当に素晴らしい
 
宮部みゆきなんかも
そのタイプのような気がしますが
 
みなさんのご意見はいかがでしょうか
 
 
と、前振りだけで
こんなに長くなっちゃった
 
ちなみに最近読んだ本も
女流ばっかりです
 
そして女流もイロイロです
 
それらの本のレポートは
また別にアップしまーす
 

2011年09月10日

おかちゃん

めちゃくちゃ久しぶりに
おかちゃんに会った
 
本当に、いったいいつ以来だろう
 
おかちゃんはその昔
今は無きコマ劇場で
共に踊ったダンサー仲間
 
今は『田口かるた』と言う芸名で
女優さんとして頑張っていいます
 
れんほーを思わせる潔い短髪(しかもセルフカット!)
 
写メ撮ろうとすると
ヘンな顔ばっかりするので
 
『ブログ載せちゃうんだよ』って言っても
 
『これでいいの〜』だって
 
元SKDの彼女が個性派女優を目指し
 
レビューに縁もゆかりもなかった
私がレビューを続けてる
 
 
世の中不思議なもんです
 
 
 
 
おかちゃんは何と
生年月日が私とまったく一緒
 
生年月日の占いだと
おんなじ性格ということになりますが
 
全然似てない(笑)
 
 
積もる話を語り合いながら
 
お互いに色々経験して
大人になったなぁー
と思う反面
 
いつまでたっても
あの頃のままでもあり
 
おもしろいもんですね
 
 
あ、そうそう
おかちゃん出演ドラマのPRです
 
 
 NHK10月土曜ドラマ
    【神様の女房】
      (全3話)
 
 10月1/8/15日
    PM 9:00〜10:15
 
 
どこかに『田口かるた』さんが
出没します
 
ぜひ、探してみてくださ〜い
 

2011年09月08日

食べたら…

食べたら、おねむ
 
 
 
ウルウルおめめがたまりません
 
 
 
 
おやすみ、ひめたん
 
 

キター!

ひめたがキタ〜
 
 
 
久しぶりにわが家へお出ましです
 
 
ひめた用スペシャルごはん
 
砂肝とささみと
キャベツとアスパラとカボチャ
 
 
あっと言う間に完食
 
空の器を舐める姿も
超愛くるしい
 
 
普段がっつかない子だけに
嬉しくてときめきます
 
 
 

サッパリ!

髪切りました
 
いつもの渋谷『English rose』
 
今日はフルコースで
パーマとカラーとトリートメントも
 
 
 
写メを見て
『清水さん、全然写ってないですよ
 
と、担当の櫛田さん
 
 
仕上がりはヒミツ
 
あーサッパリした
 
 

2011年09月07日

読了の続き

かなり間が空きましたが
読了!の続きです
 
 
真保裕一
奇跡の人
 
事故によって脳に損傷を追い
植物状態になってしまった青年
 
奇跡的に意識を取り戻し
八年の入院とリハビリを経て
 
普通に生活出来るまでに回復
 
人は彼を『奇跡の人』と呼んだが
彼には事故の後遺症のため
過去の記憶がなかった
 
 
また、あるべきはずの
過去の痕跡が
すべて消し去られていた
 
なぜ?
 
 
と言うのがあらすじ
 
 
 
すごく、面白いですよ
グイグイ読ませます
 
分厚く、活字も小さめで
読み応えありました
 
読んでもなかなか
ページが減らないことが
嬉しくなるような
希有な小説です
 
 
実は
正直に言うと
ラストが気に入らないけど
 
途中で細かく気になる
ご都合主義的な部分が
なくもないけど…
 
でも、やっぱり
面白い小説だと思います
 
 
この作家さんは
最初に話題になった出世作は
読んだことがあり
(タイトル忘れましたが)
 
その時は、作品から特に何の感銘も受けず
その後、一冊も読んでいませんでした
 
 
でも
作風って変わって行くんですね
 
 
きっと人間的な成長や
思考の深まりや変化が
 
作品にバンバン現れるんでしょう
 
 
そう考えるとある意味
作家って究極に
 
自分をさらけ出して
まさに身を削らないと
 
出来ない職業なんですね
 
 
俳優と一緒だな〜
タイヘンだ
 
 
小説を読むことは
人生を読むこと
 
本当に本当に
興味深く楽しい作業です
 
また、大量に
買い込みました〜
 
この中の四冊目を
今読んでいます
 
 
心に引っ掛かる小説があったら
またご紹介しますね

2011年09月05日

ライフ感想

あぁ〜
クジラが〜ゾウが〜
 
スゴい映像てんこ盛り
ひたすら圧倒されました
 
 
これがCGじゃないなんて
どれだけ撮影大変だっただろう
 
 
素晴らしいです
満足
 
ぜひ観てください
 
 
 
さて
 
ついでに映画の後の
美食ライフもアップ
 
 
 
わーい
またまたお鮨
 
 
移動してデザートも
 
 
たくさんの命を食し
私も命をつないでいます
 
まさに、ライフ
 
 

ライフ

ライフ〜いのちをつなぐ物語〜
 
どーしても映画館の大スクリーンで観たくて
新宿バルト9に来ました〜
 
 
 
 
 
わくわく
 
 

芝居感想

『菊池』出演の今回の芝居
 
いやーなかなか
 
ワケわからないくせに
なんだか面白かった〜
 
 
ワケの分からない芝居
正直かなり苦手なんです
 
それなのに
 
それぞれがハマり役で
また、役者さんがみんな上手くて
退屈せずに観られました
 
セリフが抽象的だったり
ストーリーがハッキリしない芝居がキライで
 
興味を失うとすぐに眠くなってしまう私なのに
 
最後まで観きれるとは…
 
私的にはスゴい
と、思いました
 
 
やけに痩せちゃった菊池です
 
役作りのためなのか
稽古が大変だったのか分からないけど
 
この写真だと余計気になるかも
 
 
しかし彼の名誉のために
付け加えますが
 
 
大河に出たりCMに出たり
好青年やイケメン風の役も
色々経験している彼ですが
 
今回の芝居の中の彼は
今まで見てきた、どの菊池よりも
 
うんとカッコよかったです
 
 
 
ひろちゃん、ぽんち、ひなちゃん
 
久しぶりの友人とも会えて
近況訊いたり
 
色んな話で盛り上がった〜
 
 
 
 
台風の雨にも降られず
無事到着〜
 
今日もイイ1日でした
 
 

2011年09月04日

菊池の芝居

役者で頑張っている青年
『菊池』の出てる芝居を観に
東池袋の劇場へ
 
 
 
到着〜
劇場入り口はこんな感じ
 
 
演目はこんな感じ
 
小さな劇場ですが満員です
 
作品の説明文がすごく面白そうで
かなりそそられたので
どんな作品か楽しみですっ
 
 

2011年09月03日

ちらし鮨

コンサートの後は
 
ちらし鮨〜
 
 
ツヤツヤのお刺身
 
ウキウキするのは
日本人である証
 
 
美味しかったで〜す
 
 

ドリームコンサート

内幸町ホール
ドリームコンサートに
行って参りました
 
 
客席は超満員
立ち見が出るほどの盛況ぶりでした
 
 
若手の歌手が多いせいか
衣装がかなり現代的
 
 
選曲もとっても幅広く
バラエティーに富んでいて
楽しいコンサートでした
 
 
 
青木真由子ちゃん
 
とても美しい歌声でした
彼女の声は真っ直ぐ伸びやかで
しかも、やさしいんです
 
最近ますます情感にあふれて
女らしくなったような…
 
普段の姿とステージとのギャップが
また魅力的です(笑)
 
 
 
 
北山みつきさん
 
司会とトリを務めて大活躍
 
演歌の『アジアの海賊』から
オリジナルナンバーに歌謡曲
ラストはフランス語での『愛の讃歌』
 
いやー幅広い
さすがです
 
 
そして、特筆すべきは
 
誰にも似ていない
突き抜けた個性とそのステージ
 
衣装もご自身でデザインした独特のもの
 
 
 
『誰にも似ていない』
 
 
これがどんなに素晴らしく
貴重なことか
 
 
突き抜けていると言うことは
好き嫌いもはっきり分かれるワケで
 
 
でも好きな方はうんと好きなはずですし
 
個性的であることは
芸能の世界に生きるものにとっては
 
ものすごーく、大切なことだと思うんです
 
 
 
スカッとやりたいようにバーンとやる
 
そんなみつきさんの姿勢が大好きですし
 
エネルギッシュなステージからは
元気がもらえます
 
 
 
身近な人ががんばってる姿は
とっても嬉しく刺激的で
 
自分も頑張ろう!って
勇気やパワーが出ます
 
 
あ、最後にひとつだけ
ゴメンナサイを
 
実は2人とも写真より全然美人なんです〜
 
何しろ私の携帯カメラが暗いのに弱くて…
 
イマイチな写真で
本当にスミマセン〜
 
 
ぜひ2人の真の姿は
検索で探してみてくださいね
 

イェイ♪

読了の続きを飛ばして
他の話題に飛びまーす
 
 
 
先日、お引っ越しした友人のお家へ
遊びに行きました〜
 
 
さよちゃんはお料理上手
何でもパパっと作っちゃうんです
 
毎日キチンと自炊
それがまったく苦にならないらしい
 
この日も、なーんにも言わなくても
手料理でおもてなしを
してくれました
 
 
 
かぼちゃの冷製スープも
もちろんお手製
 
 
さよちゃん&梅ちゃんと
イェイ
 
 
和風パスタやキャベツの
サラダも美味しかった
 
 
料理上手って、本当にステキだなぁ〜
 
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。